5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【考古学】兵馬俑の職人、ギリシャ人芸術家が訓練か 広さは山手線の内側に匹敵、姿を見せ始めた巨大陵墓 [無断転載禁止]©2ch.net

1 :もろ禿HINE! ★@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 08:01:30.15 ID:CAP_USER
兵馬俑の職人、ギリシャ人芸術家が訓練か | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/101400388/
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/101400388/ph_thumb.jpg


 中国北部の土の中から謎のやきものの像が最初に発見されてから、今年で40年あまりになる。考古学者たちは、これらの像が、中国最初の皇帝である秦の始皇帝(紀元前259年〜紀元前210年)の陵墓の副葬品であることを明らかにしたが、土の中に隠されていた秘密はそれだけではない。発掘調査からは歴史書を書き換えるような大発見もあったし、外国人の芸術家が中国人の職人を訓練したとする大胆な新説も生まれた。

 多くの王国に分かれていた中国を初めて統一し、氏族を基にした封建制に終止符を打った秦の始皇帝は、中国史の中でひときわ大きく輝いている。彼が建設した万里の長城は、その強大な権力の象徴だ。(参考記事:「世界最古の十進法の計算表、中国で発見」)

 しかし、始皇帝の最も驚くべきプロジェクトが初めて明らかになったのは、1974年のことだった。秦朝の首都だった咸陽(かんよう)の近くで井戸を掘っていた農夫たちが、土の中から奇妙な像をいくつも掘り出したのである。その後の発掘調査により、これらは皇帝の陵墓を永遠に守護するために周囲に埋められた兵馬俑の一部であることが明らかになった。俑とは、死者を守るために共に埋められる人形のことだ。発掘された3つの巨大な坑には、数千体の兵馬俑が整列していた。兵馬俑の造形は、それまでに中国で発掘されていたどの俑とも違っていたため、研究者たちを大いに悩ませた。兵馬俑を製作した芸術家たちは、どうしてこんなアイディアを思いついたのだろうか?(参考記事:「色鮮やかな兵馬俑」)

 謎を解くためのヒントになりそうな発見もあった。芸人をかたどった「雑技俑」や、青銅製のカモ、ハクチョウ、ツルの像には、ギリシャの影響が見てとれる。そして、中国北西部の遺跡から出土した人骨からはヨーロッパ人のDNAが確認されているのだ。

 一部の専門家は、これらの事実を考え合わせ、兵馬俑は外国の芸術家からインスピレーションを得て作られたのではないかと唱える。マルコ・ポーロより1500年も前に、ギリシャ文化の影響を受けた西アジアから中国にやってきた芸術家が、始皇帝陵の副葬品を製作する中国の職人たちを指導していたのかもしれないというのだ。(参考記事:「2500年前の墓から完全な大麻草13本を発見」)


見えてきた巨大陵墓

 科学者たちは、リモートセンシング、地中レーダー、ボーリング調査などを用いて、始皇帝陵がこれまで考えられていたよりはるかに大きく、その広さは約100平方キロメートルと山手線の内側に匹敵することを明らかにした。中心部には始皇帝の墓を土で覆った巨大な墳丘があるが、まだ調査が行われたことはない。遺跡には、始皇帝以外にも多くの人々が埋葬されている。30年におよんだ陵墓の建設中に死亡した職人や労働者(中には鎖につながれた罪人もいた)の遺体を埋葬したらしい集団墓地や、凄惨な後継者争いの物語を伝えているように思われる集団墓地も発見されている。(参考記事:「21世紀中に解明されそうな古代ミステリー7つ」)

2 :もろ禿HINE! ★@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 08:01:46.84 ID:CAP_USER
凄惨な後継者争い

 始皇帝は聡明で強大な権力を持っていたにもかかわらず、長男である扶蘇(ふそ)に跡を継がせることができなかった。このせいで大規模な粛清が起こり、紀元前206年の秦朝の滅亡につながったと考えられている。

 紀元前89年頃に前漢の司馬遷が記した歴史書『史記』には、始皇帝亡きあとの凄惨な後継者争いの様子が描かれている。始皇帝には大勢の息子がいたが、その1人である胡亥(こがい)が宦官の趙高(ちょうこう)と共謀して後継者と目されていた長兄を殺害し、みずから帝位についたのだ。

 今日の考古学者たちは、帝位の簒奪(さんだつ)が司馬遷の説明よりも残酷だったことを示す手がかりを発見している。始皇帝陵の周囲からは、王族のものと思われる遺物とともに、数体の人骨が発見されている。その多くが男性の骨で、始皇帝の息子たちのものではないかとされている。1つの頭蓋骨は、近距離から放たれたと思われる金属製の矢じりが突き刺さっていた。専門家たちは現在、胡亥が帝位を確実なものにしようとして兄弟の王子たちを処刑したのだろうと考えている。

 始皇帝が埋葬されている墳丘のすぐそばには、100個ほどの墓が集まっている場所があった。考古学者たちはその一部を発掘してみたものの、それがなんなのか確信が持てずにいる。墓室は空っぽで、戸口付近にはバラバラにされた遺体が置かれ、真珠や金が散らばっていた。来世でも始皇帝に仕えることができるように、皇帝のすぐ近くに埋葬された側室たちだろうか? それとも、なにか忌まわしいことが行われたのだろうか?

『史記』によると、帝位に就いた胡亥は、父親の側室の多くを殺害したという。悲しいことだが、帝位簒奪者にとっては意味のある行動だったのかもしれない。彼はすでに始皇帝の後継者と目されていた長兄の扶蘇を殺害し、自分の地位を脅かすおそれのある兄弟たちも殺害していた。しかし、父親の側室の誰かが妊娠していたら?ひそかに男の子を産み、戦士として育てようとしたら? その子は将来、年の離れた兄である自分を殺して、帝位と領土を奪い取ろうとするかもしれない。

 この最悪のシナリオを考えると、胡亥には父親の側室を全員殺害する以外の選択肢はなかっただろう。ただ、彼女たちの遺体がバラバラにされた理由はまだ分からない。まだ発掘されていない墓はたくさんあるので、そのうち手がかりが得られるかもしれない。

 結局、すべての流血は無駄に終わった。胡亥は父親のような偉大な皇帝にはなれなかった。彼が帝位についてからわずか3年で秦王朝は滅亡する。始皇帝の墓には、もっと驚くような財宝が眠っているはずだが、近いうちに発掘調査が行われる予定はない。繊細な遺物を不用意に空気や光にさらすと、取り返しのつかない損傷を与えてしまうおそれがあるため、画期的な保存技術が発明されるまでは、始皇帝陵の発掘は行われないだろう。(参考記事:「ツタンカーメン王墓の「隠し部屋」、迷走の真相」)

 司馬遷によると、始皇帝の亡骸は青銅製の棺におさめられ、その墓室には、宮殿のレプリカや水銀の川や「珍品や豪華な品々」で満たされたという。けれども、司馬遷が『史記』を書いた時期は、始皇帝の死から1世紀以上が経過している。彼はこうしたこまごました点を本当に把握していたのだろうか?

 始皇帝が70万人の労働者や罪人を働かせて壮大な陵墓を建設したなど、司馬遷の文章には誇張と思われる箇所もたくさんある。重要な事実も書き落としているようで、兵馬俑の製作については一言も触れていない。

 しかし、若い王子による帝位の簒奪の前に大勢の王族が殺害されたことを示す証拠が実際に発見されているところを見ると、始皇帝の墓室についての司馬遷の記述も正しい可能性がある。いつの日か、考古学者たちが始皇帝の伝説的な財宝を発見する日がくるのかもしれない。

3 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 08:05:37.89 ID:6KyGC407
中国は昔から未曾有の貧富の差があったんだ

4 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 08:08:45.29 ID:7F/oPHAU
その当時から、技術は海外から入手する、中国人

5 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 08:12:11.00 ID:Bn4OwmHQ
殺すという選択肢を選ばなかったら変わってたかもねw

ショパンの休日 C major Chopin's Holiday (最後の音のミスは内緒だよw)
https://soundcloud.com/djangelest/c-major-chopins-holiday

わたしからは以上だな ブッタ(悟ったもの)より。

6 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 08:14:48.44 ID:5lVIMbz/
>1 約100平方キロメートル
ふーん、正方形換算で一辺が約 10km ということか。

7 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 08:23:03.56 ID:Hzp00ZkU
中国文明じつは海外からの伝承が落ち

8 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 08:24:02.60 ID:SpbqCJU2
そんなことより三星堆遺跡を研究しろや

9 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 08:27:23.22 ID:PThot0l/
スケールがデカすぎてため息が出るわ

10 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 08:38:20.24 ID:9aUOqFst
中国文明は全部、海外からのパクリ。
三大発明も、辺境部で発明され、中央に導入された。
ジャイアン思想、それが中華思想。

11 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 08:45:13.66 ID:F8Jid2Ke
始皇帝自体白人だったんじゃないかって噂があるくらいだもんな
統治者まで輸入とは

12 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 08:47:18.85 ID:1RnXDEUr
皇帝はさびしがり屋だな

13 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 09:02:39.66 ID:B0z2Cy+J
さすがに歴史はすごいな
紀元前なんて日本はどうだったかさっぱりわからんのに

14 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 09:05:46.05 ID:W9HwEaUu
なるほどだから渡来人が日本にやってきてもギリシア人から学んだ技術を
持ってなかったからこんなのしか作れなかったのか
http://www.tnm.jp/uploads/r_collection/LL_32.jpg

15 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 09:06:30.63 ID:GO3H3Fj6
>中国北西部の遺跡から出土した人骨からはヨーロッパ人のDNAが確認されているのだ

それウイグル人の先祖じゃね?

16 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 09:12:18.46 ID:GO3H3Fj6
>>14
これは少し埴輪っぽいw

唐代の王侯貴族の墓の副葬品
http://www.hsilkroad-museum.jp/news2.php?eid=00151

17 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 09:51:57.04 ID:8q4v5cBc
ギリシャの影響がヘレニズム文化としてインドまで来てるのだから、
当然シナにも伝わっているはずだ。
兵馬俑の顔にはアーリア人の顔がいくつもある。
パクリ屋のシナ人は偉そうなことを言えなくなった。

18 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 09:59:15.89 ID:kq2+AhXN
黄河文明にケチをつけるつもりはないが、結局のところ四大文明と言っても
最初の文明はメソポタミア文明であって、エジプトは明らかにメソポタミアの
直接的な影響を受けているし、インダスもメソポタミアとの交易の過程で
文明を作り上げていった。そして黄河文明はインダス文明の影響を受けて
作られたメソポタミアの孫にあたる文明だ。
中国人が自慢げに周辺諸国の王に配っている「印鑑」だって、あきらかに
メソポタミア ⇒ インダス ⇒ 中国 という経路は否定し得ない。
そもとも、骨や甲羅に字を刻んだり、木簡に墨で字を書いたりしている文明
から、印鑑の発想は絶対に生まれない。
あれは先端が楔形の棒を粘土板に押し付けて文字を書いていた文明でしか
思いつかないものですよ。

19 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 10:16:06.33 ID:Vsb81bhk
そんなにすごい墓なら何か記録があってもよさそうなものだが
すでに漢字とか使ってたんだろ?

20 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 10:36:36.42 ID:cYmzL9UV
秦国が 強かったのは、西方から先進的な技術や物が入ってきたから。

21 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 10:42:20.81 ID:wA2090Yf
でかすぎて調査が終わるのに何年かかることやら

22 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 10:43:29.56 ID:9aUOqFst
>>19
中国では、本当の事を言うと殺されるのは、今も昔も同じ。
司馬遷は命がけで書いたからね。

23 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 10:43:59.87 ID:a/ociW8p
韓国が無かったら秦は無かった。

24 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 10:50:40.09 ID:Pl0UuKtg
項羽が墓荒らししまくったんじゃなかったっけか

25 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 10:54:36.97 ID:51f7+TGX
そこまで影響が見えるのなら,果たして,秦自体が西域民族による王朝だったんじゃないかと。
後々,モンゴルや女真族にも王朝を打ち立てられる地域だから,あながち,空想でもないだろう。

>>19
歴史を完全に消し去ることができてしまう民族なんだろうな。
というか,民族自体が入れ替わってしまうんだろう。

26 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 10:56:12.34 ID:calEEj9U
これつくるためにハゲ山になっただろうに。バカとしかいいようがない

27 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 11:04:57.62 ID:vrw9/RUc
  ∧∧
 ./ 支\
(  `ハ´)< チュ国の歴史は70年ないアルが4000年にしとくアル

28 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 11:21:37.02 ID:M9e3o55H
>>25
始皇帝は碧眼だったという記録があるから、あながち無いとも言えない

29 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 11:27:17.26 ID:tw58WEAy
>>18
ほう〜。

30 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 11:30:32.46 ID:kHVxfVMO
>>18
結局、栄えていたことの証明だな

31 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 11:41:35.51 ID:calEEj9U
>>30
人の国の文化をマネだと難癖つけられなくなったな

32 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 11:42:29.25 ID:zb15/4LZ
生きたまま埋められた人もいたんだろうな
墓室が空っぽってそうゆうことだよね

33 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 11:47:35.91 ID:70yLvImN
とはいえ、昔の中国人は頑張っていたんだね、それに引き替え今の中国人は・・・以下略。

34 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 12:10:45.05 ID:7v3AAEW0
麺料理の起源も小麦自体が今の中央アジアが発祥で小麦粉を使ったラグマンという手延べうどんがあり、
それが東に伝わって中国麺になり、西に伝わってパスタになったんだよな。

小麦を使う食べ物のパンも饅頭も餃子も中央アジア起源になる。
まあ中央アジアには現在中国が領土と主張してる地域も入るので中国起源とも言えなくはないが
少なくとも漢民族起源ではないということだw

35 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 12:19:37.09 ID:GZDMWGes
始皇帝の墓が見つかったのて割と近年なんだな
逆によかったな

36 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 12:42:38.90 ID:nywkYRZu
紀元前からモンゴロイドはコーカソイドから文明開花の指導を受けてたのか

37 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 13:10:15.73 ID:xDAAxAHe
>>33
頑張る、ってか、やらなきゃ殺されてただけじゃ?

38 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 13:34:41.49 ID:Ch8xmjmD
人種間でIQの差はあってもおかしくない。
コーカソイドのIQにはネグロイドやモンゴロイドより上だろう。
漢民族よりウイグル人の方が優れている。

39 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 14:20:04.44 ID:ohIwzlu1
>>34

饅頭の起源は韓国・・・

ではなく孔明じゃないの?

40 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 15:30:05.92 ID:vFRAh3Ai
私は元創価の会員でした。
すぐ隣に防衛庁の背広組みの官舎があるのですが、
自分の家の窓にUSB接続のwebカメラを貼り付けて、そこの動画を撮影し続け、
学会本部へ送っていました。

別に大したものは写っていません。ゴミだしとか奥さんが子供を遊ばせている所とか。
官舎が老朽化して使われなくなってから、
今まで法人税(うちは自営業です)をほぼ払わなくても済んでいたのが、
もう守ってやれないのでこれからは満額申告するように言われました。
納得がいかないと言うと、君は自業自得で餓鬼地獄へ落ちる、
朝夕南無妙法蓮華経と三千回ずつ唱えて心をきれいにしなさいと言われ
馬鹿らしくなって脱会しました。

それ以来、ぞろ目ナンバーの車につけまわされたり大変な日々です。
全部自分の出来心が招き寄せた事で、どこに訴えるわけにもいかないのですが、
なんとかあの人達と縁を切って新しい始まりを迎える方法はないんだろうか。

41 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 15:44:16.50 ID:Sp9S2eEO
そもそも、2000年前は漢民族なんて少数の1部族だったろ。

今では大量増殖して中国=漢民族という感じになってもうたが。

42 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 15:52:11.32 ID:PewdYiUs
奴等の歴史

43 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 16:05:03.40 ID:InHzvq37
>>39
それは小説な。

44 :たぬき@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 16:13:45.94 ID:oPGGm1kg
高松塚を台無しにした日本に比べると、発掘を控えている中国の方が賢いな。

中国では新王朝が前王朝の歴史をまとめるのが伝統。そのおかげで魏志倭人伝が残り、日本の歴史も明らかになっている。
あと、古事記は稗田阿礼の暗記だけど、日本書紀には中国人学者が参加している。ヘンテコ日本語漢文だったが途中からちゃんとした漢文になっている。
この時点で中国人学者が参加したんだろうとされている。

日本は歴史的に中国にけっこう恩があるから、お前ら中国をあんまり馬鹿にするなよ。天に唾するようなもんだぞ。

45 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 16:51:24.40 ID:cGiHRzi1
今の兵馬俑の顔は今の顔モデルに作ったレプリカ

46 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 17:42:46.99 ID:51YTg6s4
>>2
>始皇帝の墓には、もっと驚くような財宝が眠っているはずだが、近いうちに発掘調査が行われる予定はない。
繊細な遺物を不用意に空気や光にさらすと、取り返しのつかない損傷を与えてしまうおそれがあるため、画期的な保存技術が発明されるまでは、始皇帝陵の発掘は行われないだろう。

これは褒めるべきだなあ

だけど政権交代しておかしい事になる前に調査して欲しいな

47 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 18:29:04.48 ID:DlgfemHz
>>38
検索で即わかる逆をドヤ顔で書く低IQネトウヨ

>>10
と、「漢」字とその崩しであるひらがなを使って書いています

>>4>>36
この期に及んでいまだ西洋崇拝の高卒窓際ホモ親父が、その尻を舐めたいヨーロッパ人は常に他からの影響0のオリジナル文明でした
ローマにギリシアの影響はなく、ルネサンスにイスラムインドの影響はない でないなら近代欧州の文化文明は>>25すべてアラビア人によるものに違いないキリッ
20世紀アメリカにヨーロッパの影響や示唆はなく、その音楽にアホの黒人の関与などあるわけがない

48 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 18:39:33.87 ID:DlgfemHz
しかしまあ親日の台湾人がこういうスレの内容見てどう思うんだろうな

台北の故宮には北京のそれを凌駕する漢民族の数多の文物が展示されている →ぜんぶ輸入サル真似捏造の無価値のクソ

ニダか それらはクソニダ 起源は違うニダ じゃないのにか 自称日本人の底辺のクズと当然意見は一致

49 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 20:31:45.61 ID:DwQuAT1N
中国は外国の文化に強度に依存してきたんだよ、昔から
インド、ペルシャの影響は濃厚だし、ギリシャは勿論だ
秦自体が西域からどんどんと東に勢力拡大してきた国であり、
始皇帝自身がコーカソイドという説がある
当然、始皇帝陵の造営の指揮を取ったのがコーカソイドである蓋然性はあるな

50 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 20:58:51.50 ID:09HZWhu1
>>17
そうなのか
頬骨が出て扁平な顔の兵馬俑ばっかりだと思ってたが
どういうのがアーリア人の顔つきをした兵馬俑なの?
画像あったら教えて

51 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 20:59:35.01 ID:IKSF9Sqn
>>47
>>48
何でまだ日本にいるんだよゴキブリ朝鮮人
早く死滅しろ

52 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 21:02:09.33 ID:IKSF9Sqn
>>44
古代中国と今の中国共産党独裁国は全くの別物だろw

53 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 21:05:21.82 ID:IKSF9Sqn
>>25
漢化してしまったなら征服王朝とは言えなくなるな
まああくまでも学術的な定義での話だが

54 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 21:28:48.23 ID:naWCjM0A
昔のことだからわかりようもないけれど
ギリシャ人が似た芸風の人形を作ってなければ
ノーカウントなんじゃないかね

55 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 21:43:49.48 ID:Fbt4YaME
龍遊洞窟なんてのは、世界の七不思議に新たに加えられるレベルの遺跡だぞ。
人間業とは思えないうえに、記録が一切ない。
ufo基地だったなら納得する。
中国内陸は秘境がありすぎ。

56 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 21:52:43.39 ID:/S9D5p4H
基本的に文明はコーカソイドからモンゴロイドに伝えられるもので逆はないみたいだね

57 :名無しのひみつ@無断転載は禁止@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 22:12:20.24 ID:DA9HXEGw
紙や絹がモンゴロイド(東方)からコーカソイド(西方)に伝わった
ことも知らん奴がおるとはな。

58 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/17(月) 22:18:25.23 ID:Q7NBos7g
>>39
屈原じゃなかったっけ?ちがったか?

59 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/18(火) 00:04:35.58 ID:5QYI+tX6
>>57
東方から西方はそうだが、モンゴロイドからコーカソイドとは限らない

60 :zunta@無断転載は禁止:2016/10/18(火) 20:59:16.90 ID:TBhhC0h2
始皇帝がバクトリア系混血児ならギリシャ人の職人がいてもおかしくない。
アレキサンダーの子孫が世界各国に王朝を築いた。ジンギスカンと同じ。
インドの大月氏(バクトリア人)は始皇帝と親戚かも。

61 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/18(火) 21:13:04.06 ID:mM6DAOXe
ギリシャも韓国みたいな事を言っているから終わるのさ

62 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/18(火) 21:15:24.23 ID:WTcE4NZu
桃太郎の話も原型はギリシャにあるって聞いたことあるよ。

63 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/18(火) 21:18:14.68 ID:YTQ80V08
>>1
>そして、中国北西部の遺跡から出土した人骨からはヨーロッパ人のDNAが確認されているのだ。

たしか北西部には騎馬民族が来てるだろ
たしか秦も騎馬兵は韓由来じゃなかったかな?

64 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/18(火) 21:25:14.67 ID:YTQ80V08
これは北魏の頃の雑技俑だけどこういうのがあるのかね
http://www.miho.or.jp/booth/html/imgbig/00008209.htm
ググっても今回は首のない力士風のしか出てこない

65 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/18(火) 21:26:24.05 ID:JdL04VIh
>>47
おまえ中国人か?
最近宇宙ステーションを作ったようだが、
西洋の科学技術を使っているんだろ。
中国文化ではないよな。

66 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/18(火) 21:29:01.91 ID:JdL04VIh
秦の始皇帝が漢民族でなかったら、メンツ丸潰れだなw

67 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/18(火) 21:44:55.91 ID:WQl62GWd
>大規模な粛清が起こり、紀元前206年の秦朝の滅亡につながった

こうやって王朝の消滅ごとに文化を破壊するのが中華5000年の伝統なんだよなぁ
直近のは文化大革命だよね?そろそろ次が来ちゃうかねwww

68 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/18(火) 21:55:35.77 ID:ACm7x1xH
そもそも古代の漢族と現代の漢族は明らかに違うよ
関羽、張飛、孔子、なんかの肖像図やドラマでも必ず髭もじゃで表現されてる

しかし現代の中国人はシナ髭とバカにする位あごひげ無いよ
古代の漢族は伝染病や戦乱でほぼ居なくなったて言われてる、今の漢族は南方からの移民だよ。
 

69 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/19(水) 00:21:45.78 ID:JPI5+wcl
古代の漢族は滅亡したことを知らないやつがまだいるんだな
漢文すら読める人がほとんどいなくなって、マヤの象形文字みたいに読めない文字になってた可能性があるくらいなんだよ
当時、なんとか賢人が保存に尽力したから、かろうじて生き延びたくらいヤバかった

70 :名無しのひみつ@無断転載は禁止 転載ダメ©2ch.net:2016/10/19(水) 09:34:59.98 ID:aKhx9/KF
>>17
そもそも始皇帝が白人説あるからなぁ
移民なのかアルビノ的自然発生かはともかく

71 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/19(水) 09:56:47.09 ID:uoQIsmDj
太秦じたいがローマ皇帝の呼称とされてるしな

72 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/19(水) 10:03:25.34 ID:CmWErPfq
この当時は現在のウイグル自治区の住民はコーカソイドだったから
始皇帝の軍隊にも白人は当然いただろう

73 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/19(水) 10:34:00.31 ID:Oha6AhTl
これはギリシアの影響がすごかったってことだろうよ
アレクサンダー大王が遠征した事でヘレニズム文化が後に生まれたけれど、
最初期の仏像がギリシア風のリアル指向なのはギリシア美術が伝わったからだと分っている
それまでは仏像を作ることは禁じられていた、偶像崇拝はダメだという理由で
しかし日本も紀元前のことがもっとわかれば良いのに
大陸の影響がなければ縄文時代が続いていただろうがそれはそれで見てみたい

74 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/19(水) 10:37:47.54 ID:Oha6AhTl
>>68>>69
2ちゃん発祥のデマを信じるなよ

75 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/19(水) 10:53:40.31 ID:v/dhM1Px
兵馬俑って公共事業の性格はあったのか?
ただの壮大な無駄遣い自己満足?

76 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/19(水) 11:05:57.94 ID:2lkev1Br
漢朝(前漢・後漢)では最盛期には
漢民族の人口が6000万人を数えたが、
184年の黄巾の乱など社会的混乱や天候不順のため、
中原の戸籍に登録されている者は500万人を切った。

この後は北方民族の人口侵略によって混血が進み、
オリジナルな漢民族は滅亡した。

77 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/19(水) 12:17:33.23 ID:4Dhsfr+M
>>70
孫権みたいな普通に隔世遺伝的なものじゃなくて?

78 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/20(木) 01:41:54.93 ID:YJMZn0hk
>>73
アフガニスタンにアレクサンダーの残存部隊がいたらしい。
彼は遠征の時、医者から芸術家などそれこそあらゆる職業の人間を連れていったから、
ギリシャ人がアフガニスタンから中央アジアを通じて、始皇帝の出立地、
甘粛省あたりに職人が流れてたとしても不思議じゃないね。

79 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/20(木) 09:18:55.94 ID:TtnbjAMA
もっと前にウクライナあたりから騎馬民族が来てるしな
ステップを通って

80 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/20(木) 09:23:34.92 ID:TtnbjAMA
ステップを介して黒海北部までつながる大麻文化
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/100600012/

81 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/20(木) 23:12:30.11 ID:uomujJXq
>>76
漢民族自体、いろんな民族が合わさって生まれたようなものだし、
血統というよりは意識の共同体だろう

混血云々を語るのはほとんど意味がない

82 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/21(金) 02:48:45.20 ID:h9UPiZVl
>>81
それは今の漢族の話な。あくまで族とは血族を指す。現に漢族以外はそうなってる
古代の漢族も血族だ。滅亡後、周辺から入り込んだ雑多な民族と混じり合って、
そいつらが漢族を勝手に名乗りだして、それが続いてきた
だから、南方の浅黒いマレー系から北方民まで漢族を名乗っている

83 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/21(金) 06:45:52.61 ID:6FNhQONV
漢族なんて族あったの?
春秋以前にそんな邦無いよね

84 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/23(日) 14:21:13.76 ID:QBYjBIvv
>>40
 ゚ ,   , 。 .   +  ゚   。  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚  。 . 。゚ ,
。 .  .。    o   .. 。 ゚  ゚ , 。. o 。* 。 . o. 。 . .。 . 
        。   .   。  . .゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .。 . 
 。 .  . .   .   .  。 ゚。, ☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。  , .。 . ゚。,
゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚. ° 。 .   ,      ゚    ゚. 
 。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚   ,   。     。   .  
 ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。  ゚。 。 ゚。 ゚ 。
゚` .゚ .゚. ゚. . ゚  .  ゚  .   ,  .  .    / .  .   。      
                          /
                        ☆
.       ∧__∧ < 明日は良い事あるさ
      ( ´・ω・)∧∧
       /⌒ ,つ⌒ヽ)  
       (___  (  __)  
"''"" "'゙''` '゙ ゙゚' ''' '' ''' ゚` ゙ ゚ ゙''`"''"" "'゙''` '゙ ゙゚' ''' '

85 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/23(日) 15:22:36.52 ID:co+Im+9h
すぐに開けず慎重に事を進める。
事を急いた挙句、カビだらけにして
壁画を破損させた文部省とは大違いだなw

86 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/23(日) 16:34:19.04 ID:c11nlNOx
1の記事から書き込みレスまで政治的な偏向と嘘だらけのスレだな
>司馬遷が『史記』を書いた時期は、始皇帝の死から1世紀以上が経過している。彼はこうしたこまごました点を本当に把握していたのだろうか?
司馬遷はどういう書物を引用したか、異説や通説を併記してるところが評価されてるのではなかったか

メソポタミア文明の系譜でしか印鑑の発想は絶対に生まれないとか書いてるホラ吹きはなにがしたいんだろ
粘土やインクがあったら自然に印鑑のようなものが出てくる
押し付けて模様をつけるなんて人類ならどこでも誰でも思いつくだろ
なんなんだこのスレw

87 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/23(日) 17:24:35.62 ID:+2V18g+0
兵馬俑の起源はメソポタミアだからな 覚えておけ

88 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/24(月) 19:34:21.36 ID:4lNUjcku
指導者に備わっていなければいけない資質に「徳」というのがある。

中華文明圏では高潔な人格で周りの人から慕われることをそう言ったと思われているけど
甲骨文字なんかでは、
王者が高台に上って国見をする(穀物の生育状況などを総覧する)行為そのものを指していた。

ギリシアで徳といえば、自分よりも強い相手に恐れずに向かっていくこと。

穀潰し(書記や工芸職人など)を養う余剰の穀物は
中華帝国(北方系の征服王朝ではない)では基本的に国内で手に入った。
ギリシアでは外に出て分捕ってくるしかなかった。
その違いが反映されていると思う。

コーカソイドかモンゴロイドかということよりも、
文化の質を基本的な所で決定する余剰穀物の調達ルートの違いの方が大きいのでは、と思う。

あと>>40は早いとこ何処かへ逃げたほうがいい。
伊丹十三みたいになっちゃう前に。

89 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/24(月) 20:32:12.85 ID:keYRr82c
>>83
当時中原に居た人たちは華夏って言ってたよ
漢書倭人伝でも倭人の中に「華夏と同じ」人達が居たと記録してる。

90 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/24(月) 20:37:58.25 ID:keYRr82c
そもそも漢族とか漢字って民族と関係なく
漢王朝で使ってた文字、文化、を持った人たちの事だから。

91 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/24(月) 21:09:56.90 ID:HzsLoEox
まだこのスレがあったのかw

『近いうちに発掘調査が行われる予定はない。』

永遠に発掘しないだろう。コーカソイドの遺骨が出てきたら目も当てられないからな。
日本も天皇陵は発掘すべきでないと思う。

92 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/24(月) 21:22:28.12 ID:U5EGkb0Y
秦の始皇帝も天皇も顔の前にスダレ様の物を下げ素顔を見せない、
見たら目が潰れると教えてる、素顔を見られると不味いからだろう。

93 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/24(月) 22:49:35.70 ID:4lNUjcku
始皇帝の容貌に関しては、「顔は蜂のように細く発する声は周囲の人間を震え上がらせた」
と言う描かれ方をした記録が残っている。

たぶん白人の骨格じゃなかったと思う。

彼が立ち上げた、
北極星の委任を受けて農民に暦(種蒔きの時期などが詳細に記されている)を
下賜し統治する王者=天子=皇帝、と言う概念はヨーロッパには無い物。

94 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/26(水) 06:56:54.56 ID:0hJWJ6lW
>>91
ユーラシア大陸にモンゴロイドの文明が1つもないことになるからな

95 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/26(水) 09:24:18.73 ID:boUPpbd/
>>88
ギリシャの略奪や勇猛果敢は騎馬民族の性質だよ
もともとウクライナの辺りにすんでいた騎馬民族が南下してきたから
だから平野なんかろくにないところに住んでるのに戦車大好き
騎馬民族と言ってもステップからヨーロッパに侵入した奴らは半農で定着するんだけど

96 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/26(水) 09:32:43.66 ID:boUPpbd/
>>94
そこまで大量に出てくることはないよ
イラン語系民族の支配権はせいぜいトハリスタンとかカザフスタンくらいまでしか到達してないから
あの辺はガチでコーカサスの支配地域だけど

97 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/30(日) 09:23:31.63 ID:rqF6Mbb4
美術表現の「写実的」と、工業製品の「トレース」との違いだろう。
前者はギリシャで後者が秦だ。

現物を正確に計測できる技術と、
計測結果を原型に起こす技術か、もしくは、
鋳物のように現物から型を取って、複製できる技術があればいいだけだから、
美術的な表現というよりも、工業製品のトレース技術なんだよね。

だから工業水準が一定レベルに達すると、文化的に関連するしないにかかわらず、
「これとそっくりな製品」が必要になれば自然発生する可能性が高い。
兵馬俑の場合は、生身の人間と見間違うような出来で盗掘者から守るニーズがあったわけで、
その結果だろう。

ギリシャ彫刻の「写実的な表現」の実際は、
実際のギリシャは外国人の奴隷や外国の商人が多数いた多民族国家であるにもかかわらず。
彫刻には団子ッ鼻で出っ歯などの容姿が不細工な人が極端に少ない。
美男美女に、あるいは筋肉隆々になど、目の大きさ鼻の形状・高さ、体形などの形状が、
「写実」という割に特定の美意識の枠内で製作されている。

秦の兵馬俑は、精悍な表情に作ってはいるものの、もっと現物に近い「ぶおとこ」がたくさんいる点で違いがある。

「写実的」という「美術的な表現技術」で出来たのではなく、
「現物をトレースする工業技術」で出来たのだろう。

98 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/30(日) 10:30:04.52 ID:VPVzrLTD
やっぱ人も埋めてたか。
殷の墓は凄惨すぎる。気分が悪くなる程だ。

99 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/30(日) 10:32:57.36 ID:VPVzrLTD
殷と同じように秦の墓もひどい部分あったんだな。
この残忍性は文化として長いこと受け継がれていくことになったよな。

100 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/30(日) 10:37:17.42 ID:l0w6lN8p
>>97
https://wordleaf.c.yimg.jp/wordleaf/thepage/images/20151111-00000011-wordleaf/20151111-00000011-wordleaf-29f122d0368d01b119e58bdf2b88628d5.jpg
こういうの見ると、工業製品以上の物を感じるけどなあ。

101 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/30(日) 12:34:05.77 ID:rqF6Mbb4
>>100
で?
胴体は、焼き物という製造上の都合で割れたりしにくい既成のいくつかの型があり、
それに実際の人物から起こした頭部を乗せている。
頭部のリアルさに比べて、胴体が使いまわしの型物感がありありなんだが、
ギリシャ彫刻ってそもそもそんなんじゃないだろ?

それのどこがギリシャなのよ?
ギリシャ彫刻には、ギリシャ様式の顔や、体つきがあるんだよ?
ギリシャには北アフリカ経由で入ってきた黒人だっていたんだよ?
「写実的」な黒人のギリシャ彫刻って見かけないだろ?
北アフリカ出身といわれる傭兵の将軍なんかの彫像もギリシャ顔なんだよな、あれはw
写実的だけど写実じゃないんだわw

>>98-99

秦が兵馬俑を製作するに至った経緯はすでにはっきりしていて、
紀元前621年、穆公が死んだ時に
177名の家臣たちが殉死し政治に停滞をきたし国力を大きく損なったから。
これは墓の発掘が済んでいるし、副葬者の名前などもわかっている。
それ以降に殉死をやめて代わりに兵馬俑を埋めることにした。
秦という国はそういう合理性を持つことにより大国にのし上がることができた。

穆公の在位当時の秦は、強国だった晋と韓原の戦いで勝利しできるほどの国力を持っていた。

それがどれほどダメージだったかというと、秦が再び強国として登場するのは
その後、紀元前361年即位の孝公が、商鞅による政治改革が成功して、
魏の領土を奪えるようになる紀元前340年までに180年もかかっている。


殷代の場合は姜などの異民族が生贄として葬られたので秦の兵馬俑とは目的も殉死した人物の素性も全く違う。
殷の場合も、殉死の理由は明確な物的証拠があって、甲骨による占いで、生贄の数、種類を決めていたことがわかっている。

102 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/30(日) 12:38:31.20 ID:rqF6Mbb4
>魏の領土を奪えるようになる紀元前340年までに180年もかかっている。
280年だなw

103 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/10/30(日) 12:49:03.74 ID:rqF6Mbb4
例えば、日本では江戸時代まで殉死の習慣があった。
伊達政宗が無くなったときに20名が殉死している。
これを見ると、

兵馬俑を埋めた紀元前の秦より、日本のほうが忠義の美名のもとに相当に野蛮ことをしているだろうw

104 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/11/02(水) 00:51:55.57 ID:6pUzXhLN
漢って楚だよな

105 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/11/03(木) 00:50:40.92 ID:/Wb1AsnH
>>103
それは習慣とは言わない。反復継続して行われることを習慣と言うからな
日本では、古代に天皇が殉死禁止令を発令してるから、ここが分岐点で、
基本的にこれ以降の事例はイレギュラーなものに過ぎない
イレギュラーなものまでいうなら、明治天皇崩御時にも殉死はでているからな
すでに20世紀の話だ。だからといって、20世紀においても日本では殉死の習慣があった、とは言わないんだよ

106 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/11/04(金) 18:45:36.22 ID:GPMpW7ff
徳川も3代目以降に、「殉死する俺カッケー」的な風潮はあったよな。
伊達政宗だけじゃなく、会津でも、ほかでも追い腹切る馬鹿どもが増えた時期があった。

これが戦国の世なら、家の存続と対抗勢力に対する戦力維持が第一になって、殉死などしないのだが、
平和が続くと平和ボケの馬鹿が増えるのだろう。

武士であるにもかかわらず、戦で死ぬことが無くなったのを悔しがる馬鹿者どものカタルシスが殉死だった。

107 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/11/08(火) 02:45:09.09 ID:3B+VqNDN
>>18
ギリシア文明はエジプト文明と連続してるから、ナショジオのいつもの情報操作には鼻しろむしかないわ!ー
BC1350年のエジプトですでに↓が創られてたのをあえて無視するナショジオ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%86%E3%82%A3

108 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/11/21(月) 19:44:50.13 ID:RAu6hxmQ
シモーヌ・ヴェイユみたいにローマの文明をモンスターと呼んで嫌っていた人も、
ギリシア・エジプトの文明は高く評価している。
数学を測量技術などの実利から切り離して美学へと変容させたからみたいな事いってたけど、
江戸時代の日本の数学者たちのことを知っていたら同じことを言ったんだろうなあ

109 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/11/21(月) 20:46:16.33 ID:RAu6hxmQ
中国では特に清以降、
暦学や天文学、数学など美的な感性を必要とする学問はほとんど進歩しなくなった。
満州族による過酷な統治が中華文明から霊性を奪ったから(朝鮮も同じ)。

日本の知識層はその辺のことを正確に見抜いていて
清国のことを華夷(中国を中心とする華夷秩序の華夷ではなく、中華文明だったものが夷((えびす))に成り下がったという意味)
と呼んで軽蔑していた。

その毒に一番侵されるのも明治以後の日本なんだけど。
中国と半島に手を出したのは我々の最大の過ちだと思う。

110 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/11/22(火) 04:38:36.72 ID:QcNag3sa
早く始皇帝陵の中心部を発掘調査しろよ

111 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/11/22(火) 04:57:17.13 ID:/1iaHjjX
山手線の内側の起源は韓国

112 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/11/26(土) 05:00:22.10 ID:Qw0y6ErP
>>108 >>109
わが国の数学が当時の世界の最高水準だったのは事実。(ニュートンやライプニッツよりも早く微積分法を発見していた)
ただ、いわゆる「小中華思想」には問題がある。
貿易利権を独占的に掌握し続けるためには中華帝国に対して臣下の礼を取らなければならない。
ただ、国内でそういう振る舞いを見せるとほかの公家や大名達に対しての威信が低下する。
こうした武家政権が抱えていた葛藤が、
対外的にではなく日本人同士の内輪で、自分たちこそが中華だと言い合う発想につながっていったのだと思う。
江戸幕府首脳はフランス革命もアヘン戦争の情報も(当時の感覚での)リアルタイムで把握していた。
にもかかわらず外交らしい外交も満足にできなかったのだが、対外的な姿勢と自画像とが一致しない状況ではしかたなかったのかも。

113 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/11/26(土) 05:05:38.29 ID:Qw0y6ErP
古代ギリシャの戯曲を読むとなんとなく今の欧米人の顔が自然に浮かんでくる。
ただ中国の古典をよんでそれを今の中国の姿に重ね合わせてみようとしても相当難しい。
どこかしらの時点で悲劇的な断絶があったと考えざるをえないのだが、
こうした不一致感覚こそが、こうしたスレが立つようになった本当の原因かもしれない。

114 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/11/26(土) 05:36:38.39 ID:Q1EoxGGP
ひとつだけ確実に言えるのは、同時代の彫刻技術は
ギリシャ>>>>>>兵馬俑。
つまり兵馬俑は劣化ギリシャ。
しかも兵馬俑以後に劣化技術すら伝承されずに消えた。

115 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/11/26(土) 06:06:46.29 ID:jvBa6/rJ
 
 
 
所詮だなwwwwwwww

暴君が最後に行きつく考えって

でかい墓を作ること。

ワンパターン
 
 
 

116 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/11/26(土) 06:09:01.59 ID:jvBa6/rJ
 
 
 
でかすぎて、ご本尊気取りの当人が全く目立たないんだろう。

策に溺れてるなwwwwwwwwwwwwwwww

死んでるから関係ないかww
 
 
 

117 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/11/27(日) 00:50:30.47 ID:+hi0QLXi
>>114
同じ条件じゃなきゃ確実なんて言葉は使えないだろ…
ギリシャは石像で彫って色塗ったら終わりなのに
兵馬俑は陶塑で粘土で造形した後に乾燥する際に小さくなる事を見越さなきゃいけないし
焼成時の破損防止に厚さの統一やディティールの簡素化もしなきゃいけない
あと古代ギリシャでも良質な石材確保が難しかったのに更に石材が少ない中国での石像作りの難しさを分かってないやろ

118 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/12/05(月) 19:39:34.29 ID:ewru6q76
陶磁器は、うわぐすりかければ色が綺麗に保存される。唐三彩とか

119 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/12/07(水) 10:41:49.06 ID:nFpXkMNU
「その広さは約100平方キロメートルと
山手線の内側に匹敵することを明らかにした。
中心部には始皇帝の墓を土で覆った巨大な
墳丘があるが、まだ調査が行われたことはない。」

うーん、ロマンティック

120 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/12/07(水) 11:42:12.11 ID:oZxFeqjN
鳩山元首相、UFO研究機関の設置を提案

矢追純一
「宇宙人側からの申し入れは、核の利用と
 戦争をやめ 宇宙人の存在を公表しなさい。
 ロシアの首相が2回も言ってる」

メドヴェージェフ
『世界が地球外生命体の実在の真相を知る時がきた。』


浜矩子
『どアホノミクスへ最後の通告』
『アホノミクス完全崩壊に備えよ』
『みんなで行こうアホノミクスの向こう側』
『2016年 日本経済複合危機襲来の年になる!』
●国債危機は日本初の世界恐慌を引起こす
●2016年、米国の利上げが最大の波乱要因

増田敏男
『12月14日に利上げをしたらNY市場は大暴落。』


日本から始まる世界的株式市場の大暴落

終いには政府にも支えることができなくなり、
どん底に落ちていきます。
日本政府がアメリカ国債の25%を引き出すと
世界経済が破綻しマィトレーャは出現します。
UFOがとてつもない数で姿を表すでしょう。


山本太郎、安倍首相をメッタ斬り!
「TPPはゲームセット、完全に詰んだ!」


抑制のない成長に基づく経済政策は終焉

日本国民はどう対処すればいいのか
新しい政権は民意を反映し、
食糧、住宅、健康、教育、最後に防衛です。
国民の意志を裏切ることは、
極端な場合、自殺や殺人にまでつながります。
民衆の指導者は
職業的政治家ではない人々から見つかるのです。

世界平和の脅威は、
イスラエル、イラン、アメリカです。
イスラエルの役割は跪いて、
パレスチナに許しを請うことです。
アメリカによる他国の虐待に
反対の声を上げなければなりません。
彼らが世界中に‘民主的’制度を確立したい
という衝動(世界を支配する)をコントロール
するのは、マィトレーャの任務です。

非常に間もなく
マィトレーャをテレビで見るでしょう。
彼は「匿名」で働いております。

121 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/12/07(水) 11:44:07.72 ID:x1QBWWqo
巨大陰茎に見えた人 ノ

122 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/12/18(日) 21:12:22.57 ID:S2TlzoE1
中国は紀元前3世紀に100万の兵を養える経済力を持っていた。
これは兵だけで無く、科学技術や芸術に、巨大な投資が可能な国家であるということ。

123 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/12/23(金) 16:42:50.64 ID:EMFJpJ2p
【サヨクに朗報】  自民が、自滅  【ウヨクに悲報】


鳩山元首相、UFO研究機関の設置を提案

矢追純一
「宇宙人側からの申し入れは、核の利用と
 戦争をやめ 宇宙人の存在を公表しなさい。
 ロシアの首相が2回も言ってる」

メドヴェージェフ
『世界が地球外生命体の実在の真相を知る時がきた。』


非常に間もなく
マイトレーアをテレビで見るでしょう。
彼は「匿名」で働いております。
彼は非常に物静かなやり方で話します。
彼の控えめな態度に混乱してはなりません。
マイトレーアは毎日テレビに現れ、
質問に答えるでしょう。


日本から始まる世界的株式市場の大暴落

終いには政府にも支えることができなくなり、
どん底に落ちていきます。
日本政府がアメリカ国債の25%を引き出すと
世界経済が破綻しマイトレーアは出現します。
UFOがとてつもない数で姿を表すでしょう。


最初になくなるのは世界の株式市場

差し迫る株式市場の暴落は、他の人々が
飢えている間にお金を儲けることの結果です。
彼らはただ座って待っているだけです。
世界を餌にして生きており、何も還元しません。


抑制のない成長に基づく経済政策は終焉

日本国民はどう対処すればいいのか
新しい政権は民意を反映し、
食糧、住宅、健康、教育、最後に防衛です。
国民の意志を裏切ることは、
極端な場合、自殺や殺人にまでつながります。
民衆の指導者は
職業的政治家ではない人々から見つかるのです。

世界平和の脅威は、
イスラエル、イラン、アメリカです。
イスラエルの役割は跪いて、
パレスチナに許しを請うことです。
アメリカによる他国の虐待に
反対の声を上げなければなりません。
彼らが世界中に‘民主的’制度を確立したい
という衝動(世界を支配する)をコントロール
するのは、マイトレーアの任務です。

124 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/12/23(金) 18:03:42.71 ID:O29u+H9e
>>46
常識的に考えて、あの中国人が前王朝の莫大な財宝を目にして放っておくとは思えない。
当時なら関係者は何処にあるか知ってただろうし、壮麗なつくりをしてたから遠くからでもバレバレだっだろう。

125 :名無しのひみつ@無断転載は禁止:2016/12/28(水) 17:17:25.83 ID:ebrWKFzy
>>124

秦帝国崩壊のあと項羽が墓を暴いたよ。

48 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)