5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

【闘病】病室写真家 生きる喜び撮る がん闘病「勇気や元気を感じて」 今月、初の個展 [無断転載禁止]©2ch.net

1 :オムコシ ★:2017/04/09(日) 02:00:18.10 ID:CAP_USER
 難病の血液がんを患い、完治は難しいと医師から宣告され闘病生活を続ける大阪府吹田市の写真家、TAKA(本名・高橋貴久男)さん(55)が今月20日から、初の個展を開く。展示するのは、入院していた病室からみた風景の数々。ベッド横の窓からみえたさまざまな自然の様子に「生きる喜び」を感じたといい、自称「病室写真家」のTAKAさんは「同じように病気と闘う人に、生きる勇気や元気を感じてもらえれば」と話している。

 窓越しにみえる朝焼けや夕暮れの様子、窓の向こうで生活する人々の姿、そして窓ガラスに映ったカメラを構える自身の姿…。大阪市浪速区の「ギャラリー1616」で4月20〜23日に開く初の個展「病室写真家TAKA展−傾斜45度高さ1メートルの世界−」には、そうした写真約50枚を含む計100枚を展示する。

 いずれも昨年夏から入院した闘病生活中に撮りためた。タイトルの「傾斜45度」はベッドからの、「高さ1メートル」は車いすからの視線を意味しているという。

                   ◇

 不動産会社の営業マンだったTAKAさんは約20年前、デジタルカメラ購入をきっかけに独学で撮影手法を学び、イベントやセミナーなどに出向いて撮影。45歳の時に独立し、不動産業を営む傍ら写真家として活動してきた。

 平成27年秋、突然、背中に激痛を覚えた。病院でも原因がはっきりせず、体中に広がった痛みに耐えながら仕事を続けたが、昨年7月、これまでにない強い痛みで一歩も歩けなくなった。精密検査の結果、血液のがん「多発性骨髄腫」と判明。全身の骨ががん細胞に蝕(むしば)まれ、骨折も確認された。医師からは完治が極めて難しいと告げられ、緊急入院。絶対安静で治療に取り組む日々が始まった。

 「最初はまさか自分がとショックだった。でもたくさんの友人が応援してくれて元気になることが恩返しだと考えるようになった」

 苦しい闘病生活はほとんどベッドで過ごした。当然、目に入るのはごく限られた光景だけ。普段より早く目が覚めたある朝、窓越しにみた朝焼けに心を奪われた。「初めてみる美しさだった。だんだん色が変わっていく様子に感動したし、自然ってなんて素晴らしいんだと」。病室に持ち込んでいたカメラで夢中になってシャッターを切った。

 その日から早起きが日課となった。朝焼けだけでなく、夕暮れや夜景も撮影するように。車いすに乗れるようになると、被写体は増え、病院周辺で生きていく人々や自然も撮った。

 ある日、医師から「入院生活を楽しんでいる患者さんがいるのはほかの人にも励みになる」と勧められ、いくつかの写真を病院内に展示。「(同じように病気で苦しむ人に)少しでも、生きる勇気や元気につながるなら撮り続けよう」と思い、「病室写真家」として活動することを決めた。

*以下全文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170408-00000103-san-soci

2 :名前をあたえないでください:2017/04/09(日) 02:19:15.85 ID:znsNOHj3
こういう死ぬ死ぬ詐欺のやつって許せなくね?

3 :名前をあたえないでください:2017/04/09(日) 02:20:49.14 ID:Fac5ZWKU
長期に病院に住みついている患者さんが短歌や俳句や手芸に勤しむ姿はよく目にするが、
今は「病室写真家」なんだな。
そのうち「病室アイドル」とか「病室声優」とか「病室華道家」とか現れても不思議じゃない。

でも「病室サーファー」は見たくない。

4 :名前をあたえないでください:2017/04/09(日) 02:22:30.19 ID:vvn8g37Y
悪趣味だな、闘病者を撮って売名行為としか思えない

5 :名前をあたえないでください:2017/04/09(日) 03:16:46.58 ID:dY4c+UEE
後悔先に立たず
病気になってから後悔するより、病気を予防しようとなぜ思わないのか?
喫煙者でも長生きする人はいる?その長生きしてる人のクローンなのか?あなたは。
人はそれぞれ違う。リスクを知っているならリスクを減らす努力は人生30代以上から必要だ。
そしてリスクを減らさなかった後悔を50歳以降から知ることになっていく。
大腸がん、膵臓がんはこれからも増えていくとされている。

女性のガン死因トップが大腸がんである。大腸がんは早期発見、早期治療で治る可能性が高い。
しかし膵臓がんはガンの王様といわれ、80年代からまったく治癒率が上がってないばかりか
罹患数が増えているのである。膵臓がんに関しては5年生存率どころか1年生存率が使われる。
膵臓がんと告知されてからの1年生存率は20%未満。告知された膵臓がん患者は1年以内に
10人中8人は死ぬ。膵臓がん患者の末期は悲惨である。腹にドス黒い水が溜まり激ヤセし
ミイラのようになって死ぬ。
大腸がんは女性に多く、中高齢者に多い。腸内フローラが悪い上に赤肉(4足歩行動物の肉)を
食べ野菜が少ない。ストレスを溜め、運動もろくにせず、不規則で、お菓子を食べ、アルコールを
のみ、赤肉を食べる。これに当てはまる人は多い。

リスクを減らし、節制し、将来的に健康な生活が出来るよう今すぐ行動に移すことをお勧めする。
将来は必ずやってくる。後悔は先に立たない。病気になってからでは遅いのだ。

6 :名前をあたえないでください:2017/04/09(日) 07:17:36.57 ID:FuR+Jdoc
>>3
病室アイドルと言えば
唐沢直樹の
ホスピタル

5 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)